転職面接で今までの実績について聞かれた場合

転職

転職面接で今までの実績について聞かれた場合

転職について

画像

転職面接のモデルケース。
面接官・あまり実績が上がっていないようですが、自分の成果についてどう考えていますか。
応募者・自分が日々取り組んできたことが結果につながらず、正直いって不本意ではあります。
しかし、自分はお客様と密に接することが売上につながると考え、担当している約50人のお客様と毎週一度は直接顔を合わせる、電話をする、などの方法で接点を持ってきました。
面接官・不本意と感じたまま辞めてしまって、いいのですか。
応募者・お世話になった会社と、自分の将来を考えると、最良の選択だと思っております。
自分は入社当初からお客様ごとに丁寧にニーズを聞き、じっくり時間をかけて一つの商品をご提供するような営業をしたいと考えてきました。
ですが現在の会社では取扱い商品が幅広く、一つひとつの説明は省かざるをえません。
そこがとても残念でもっとお客様と密に接し、最適な商品をご提案していく仕事に就きたいという思いが強くなっていました。
長い目で見ると、そういった思いを抱きながら仕事を続けていくのは、会社と自分の双方にとってよくないと考えています。
といったように転職面接では力を入れてきたことを具体的に語ると良いです。

関連情報一覧